奥瀬ゼミナールの紹介

奥瀬ゼミナールの活動を紹介します。
2017年度は、3年生15名、4年生15名、大学院生4名(M1:3名、M2:1名)で活動していきます。
2年生については6月に新ゼミ生選考を行います。


ゼミナールのテーマ

 マーケティングおよび消費者行動に関する調査・研究

活動曜日

 2年生:木曜5限 3年生:木曜4限 4年生:木曜3限 大学院:火曜3限 (2017年度)

活動内容

2年生の活動:文献講読とコンピュータ実習

 2年次はゼミを進めていく上で必要な知識の習得が中心です。

3年生の活動:グループ研究

 3年次は数グループに分かれて、グループワークを行います。グループワークを通じて時間の使い方も学びましょう。時間を区切って。ダラダラやらないこと。
※ 2006年、2009年、2010年、2011年 専修大学商学部学部長賞受賞。
※ 2011年、2015年、2016年 専修大学商学部学部長奨励賞受賞。
※ 2016年 専修大学育友会奨励賞受賞。

4年生の活動:卒業研究(個人もしくはグループ)

 4年次はコンピュータでの分析(実証分析)を含む、何らかの研究を行ってもらいます。 就職活動などとうまくバランスをとりながら、学生最後の集大成として、研究をまとめてください。
 3年生へのアドバイスもしてくれるとうれしいです。

卒業生の進路

 進路は多岐に亘ります。以下は就職先、進学先の一例です(一部、転職後の勤務先も含みます。)
 就職先例:
 積水ハウス、伊藤ハム、リンナイ、トーラク、日立ソリューションズ・ビジネス、オービックビジネスコンサルティング、ゲオホールディングス、島商、マイナビ、イノベーション、リサーチアンドディベロップメント、トランスコスモス、三菱東京UFJ銀行、イオンクレジット、TKP、HIS、丸井、富士シティオ、セブンイレブン、いなげや、トヨタ系ディーラー、農協、生協など。
 進学先:
 中央大学大学院商学研究科


奥瀬ゼミってどんなゼミ?ーゼミ生の声ー

 奥瀬ゼミはどんなゼミか、ゼミ生に聞いてみました。こちらからご覧ください。

担当者からのメッセージ


 奥瀬ゼミでは、本を読むなどして「知識を得る」と同時に、研究を完成させるプロセスを通じて「筋道立てて考える力」「自分の考えを伝える力」「グループ活動を円滑に行う力」そして「気づく力」を養うことを主な目的としています(グループワークや卒業研究はそのための課題にすぎません)。考えに考えて、一つの研究をまとめることの難しさ、面白さを感じてもらえたらと思います。
 このゼミは楽に単位を取りたい学生には向いていません。奥瀬ゼミの活動は楽なことばかりではありませんが、「楽しんでする」「一生懸命する」「ためになることをする」ことを心がけられる学生に来てもらいたいと思います。また、他の講義も(たとえ1限であっても)きちんと出席し、講義をしっかり聴き、きちんと単位を取得することを前提とした上で、ゼミの活動に臨んでください。当たり前のことを当たり前にできることが社会に出てからも求められます。 過去のゼミ生の特徴としては、ほのぼのとした半面、やるべきことはきちんとできた学生が多かったように思います。ゼミを通じて生涯つきあっていける友人を見つけてもらえたらいいなと思います。

ページのトップへ戻る