WEB配色の方法について

◆色相環
色相は、色の種類、色味を著したもの。色は、赤紫(マゼンダ):青(シアン):黄色(イエロー)の3原色から作られます。色相を円形で表したものを色相環といいます。

◆配色パターン
同系色パターン:色環上の同じ場所で、再度、明度を買えた色を同系色といいます。一般的な配色方法ですが、寂しい印象を与える場合もあります。


Wellcome to my HomePage
!



ようこそ!



自己紹介 お知らせ リンク

類似色パターン:色環上で60度以内の隣り合った場所にある色の配色です。統一感がとれ、穏やかで静かな印象を与えます。ただし、おとなしすぎて印象に残らない場合もあります。

Wellcome to my HomePage!
ようこそ!

反対色パターン:色環上で反対側にある色(捕色といいます)の配色を使います。強い首長を与えますが、その反面ハレーションを感じさせたり、不快な感じをもたせる場合もあります。反対色の60度以内に隣り合った色を使う準反対色パターンなどのバリエーションもあります。反対色の場合、異なる色を使用する面積によって印象が大きく変わります。

Wellcome to my HomePage!

ホームページ作成時における一般的な色設計の方法は、まず、基本となる2色を上記のようなパターンに沿って決定し、それに1色〜2色程度を加えた数色で構成すると失敗が少なくなります。初めの2色のイメージを壊したくない場合は、同系色あるいは白・黒・灰色などの無彩色を加えるとよいでしょう。